忍者ブログ
NPO法人草津湯治の会の公式ブログです。草津温泉の湯治の現場をリアルに伝えていきます。 草津温泉はパワーがあって体に効きます。とくに時間湯のすごさは筆舌に尽くしがたいものがあります。 まずは、湯治のお手伝い、草津温泉を知るきっかけになれたら幸いです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

保存ということ。



伝統を守るというのは、どういうことでしょうか。



古くから伝わるものを保存し、そのまま残すことでしょうか。


文化財などであれば、それもよいでしょう。





しかし、水物ならぬ温泉を扱う場合はどうでしょう。

温泉は日々刻々と進化しています。






湯治客も日々変わってきています。

温泉も日々変わってきています。





その状況に合わせて最適なお湯を作り、提供する。





その技は代々受け継がれ、草津が体に聞くという


実質的な担い手になっているのです。






勘違いしてもらって困るのは、

温泉があるから効く。






草津の温泉が何でも治してくれるという思い込みです。








薬湯と呼ばれる草津温泉も、扱うものが素人では、

何の役にも立たないし、






素人が扱うことで、泉質主義は消えてなくなります。







湯治文化を守ることはお金がかかることです。




アメリカ型の合理主義や経済優先の考え方が横行し、


文化や福祉という面が、



この頃損なわれている気がします。





見た目の経済面を優先すれば、失われるものが沢山あります。




それに気づかない人は意外に多いです。







我々は文化歴史を守ると同時に、今の湯治も守っていきます。


それが、引いては多くの人を喜ばすことにつながっていくでしょう。



拍手

PR
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
satou
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
コガネモチ
小金餅?
Designed by PLP
忍者ブログ
[PR]